ABOUT

吉澤延隆の公式オンラインストアです。 吉澤延隆(箏・十七絃箏) 1982年、宇都宮市生まれ。 7歳より、和久文子氏のもとで箏を始める。 東海大学大学院芸術学研究科芸術学修士。在学中、福永千恵子氏に師事。 修士論文:「現代邦楽における十七絃箏の展開 ―菊地悌子氏の活動を中心に―」 2011年、今後の活躍が期待される芸術家に贈られる第10回「宇都宮エスペール賞」を宇都宮市より受賞。 より社会とつながりを持った活動を通して、同市の芸術文化振興を行っていくことが期待されている。 沢井箏曲院講師。 ≪リサイタル≫ 2014年、第10回宇都宮エスペール賞成果発表公演「吉澤延隆箏リサイタルーつなぐー」(主催:公益財団法人うつのみや文化創造財団)を開催。 2009年、同世代・作曲家への新作委嘱初演を含めたプログラムによる「吉澤延隆箏リサイタル―展開―」(東京・古賀政男音楽博物館内 けやきホールにて)を開催。 2007年、東海大学大学院芸術学研究科修了演奏会「吉澤延隆箏リサイタル」(東京オペラシティ・リサイタルホールにて)を開催。 ≪海外公演≫ 2011年、34th Huddersfield Contemporary Music Festival 「hcmf// shorts」(イギリス)において、箏独奏コンサート公演。 2010年、日本・トルコ友好年海外公演「MATSURI 2010 GAZIANTEP」(トルコ共和国カジアンテップ市主催)にて公演。 2005年、アジアの伝統音楽に関する国際会議とシンポジュウム(韓国・ソウル)において、韓国、中国、タイ、ベトナム、インド、カザフスタンといったアジアの楽器による合同演奏、及びレクチャーコンサートに出演。 ≪メディア・舞台≫ 2011年、RADIO BERRY (FM栃木 76.4MHz) 宇都宮プライド『愉快なラジオ』に出演。 2009年、NHK‐TV芸能花舞台「今かがやく若手たち」に出演、全国放送される。 2009年、翻案劇≪サロメ≫(主催:テレビ朝日、演出:鈴木勝秀、音楽:池上眞吾、キャスト:篠井英介、森山開次、江波杏子、上條恒彦)の全国全公演で楽師として十七絃箏を担当。 ≪助成・受賞等≫ 2011年、宇都宮市より第10回「宇都宮エスペール賞」を受賞。 2009年、宇都宮市より「うつのみや市民賞」を受賞。 2008年、第15回賢順記念全国箏曲コンクールにおいて賢順賞を受賞。 2006年、平成18年度文化庁新進芸術家国内研修制度研修員。 2004年、現代邦楽研究所10周年記念事業「東京・邦楽コンクール」において第2位入賞。 2004年、第10回長谷検校記念全国邦楽コンクールにおいて、優秀賞受賞。